NPO法人グローカル人材開発センター設立記念シンポジウム「オール京都で育むグローカル人材」開催

2013.02.28

TAG:

トピックス
 2月28日、NPO法人「グローカル人材開発センター」設立にあたり、設立記念シンポジウム「オール京都で育むグローカル人材」がむすびわざ館で開催された。グローカル人材開発センターは、グローバルなビジネスマインドと地域社会を支える公共マインドを兼ね備えた「グローカル人材」を育成するため、京都産業大学と京都府立大学・京都文教大学・佛教大学・龍谷大学の5大学、京都経済同友会をはじめとする京都経済4団体および京都市、京都府等が連携し推進する。

 シンポジウムでは、京都市長の門川大作氏による、京都市における学生と地域を結びつけた事業の紹介やこれからのグローカル人材への期待などについての基調講演のほか、第2部では京都経済同友会の池坊由紀氏による「大学のまち・京都を考える特別委員会」の活動報告、法学部 中谷真憲 教授によるグローカル人材開発センターの事業紹介、本学の「グローカル人材論特殊講義」を受講し、その後京都の企業に就職を決めた学生らによるマッチング事例紹介が行われた。

 第3部では「グローバル・ビジネスマインドと地域公共」をテーマにパネルディスカッションが行われ、産学公それぞれの立場から、現状の課題やグローカル人材開発センターに求めるもの、今後の展開などについて議論した。

 当日は、250人が出席し、登壇者の話に真剣に耳を傾けていた。
産学公それぞれの立場によるパネルディスカッション
門川大作京都市長による基調講演
各大学の取り組みを紹介するパネル展示も行われた
PAGE TOP