京都市主催事業「京あるきin東京 2013〜恋する京都ウィークス〜」にて大西 辰彦教授が講演

2013.02.17

TAG:

トピックス
 2月4日(月)から20日(水)まで東京で行われている、京都市主催の京都創生PR事業「京あるきin東京 2013〜恋する京都ウィークス〜」における、「京都の大学による特別講座」に本学が参加。17日(日)、東京の京都造形芸術大学 外苑キャンパスにて、経済学部 大西 辰彦教授が「千年の都・京都が育む先端企業」と題し講演会を行い、約50名の受講者が聴講した。

 大西教授は、古都・京都には、半導体・電子部品・精密機械・ゲーム等といった最先端の産業分野でリードする企業が多く集まっていることを紹介し、千年の知恵が育む新しい京都の魅力を「伝統と革新」というキーワードで講演した。

 受講者は目を輝かせながら聴講し、終了後には、「もっと詳しく話を聞いてみたい」、「普段何気なく目にしている企業が京都から産まれたことを初めて知った」といった意見が寄せられた。
京都の魅力について講演する大西教授
PAGE TOP