プロ野球選手 オリックス・バファローズ平野佳寿さんが表敬訪問

2013.01.16

TAG:

トピックス
 1月16日、プロ野球オリックス・バファローズの投手として活躍している、本学卒業生の平野佳寿さん(2006年経営学部卒)が、柿野欽吾理事長、藤岡一郎学長を表敬訪問した。
 
 平野さんは、在学時、硬式野球部に所属し、勝村法彦監督の指導のもと、大学通算36勝・404奪三振の関西六大学リーグ新記録を樹立するなど大活躍した。2005年関西六大学春季リーグではエースとして優勝に貢献、京都産業大学を神宮(全日本大学選手権)に導いた。

 その年のプロ野球ドラフト会議(大学・社会人ドラフト)において、希望枠でオリックスに入団し、今年8年目のシーズンを迎える。

 柿野理事長、藤岡学長との対談において、平野さんは「勝村監督との出会いをはじめ、京都産業大学の環境だからこそ大きく成長することができ、今の自分があると感謝している。そして、後輩には頑張って全日本大学選手権に出場してもらいたい」とエールを送った。

 柿野理事長は「平野さんの大活躍をいつも楽しみにしている。今年は球場まで応援に行くので、頑張ってほしい」、藤岡学長は「これからも大学時代に出会った恩師や仲間との絆を大切に、厳しい世界だとは思うが頑張って活躍してもらいたい」と激励した。
 
 対談後、平野さんは2月のキャンプインに向けて、総合グラウンドでウエイトトレーニングやランニング、キャッチボール等のトレーニングを行った。

課外活動サイト クラブの星にて平野選手への取材を公開中
藤岡学長にサインを贈る平野さん
総合グラウンド屋内野球練習場でトレーニングを行う平野さん
PAGE TOP