スタートアップ・インターンシップ「魅力発信レポート」全体発表会

2013.01.09

TAG:

トピックス
 1月9日、本学5号館5303教室にて共通教育科目「スタートアップ・インターンシップ」での取り組みである企業の「魅力発信レポート」全体発表会が開催された。この科目は1・2年次を対象に企業の協力の下、大学での学びと社会とのつながりを実感し自律的なキャリア形成意欲の向上を図る目的として開講されている。

 受講生は16チームに分かれて、京都を中心とした地域で活躍する中堅・中小企業16社について、企業の概要や製品、事業内容、社内制度の工夫などを学生だけでインタビュー調査し、各社の『働く場としての魅力』を魅力発信レポートとしてまとめたのち、インターンシップ体験を行う。

 発表会では、学生ならではの鋭い目線で「働くことの意識」や「働きがい」等各社の魅力溢れるプレゼンテーションがおこなわれ、就職活動を開始する3年次生が聴講する姿もみられた。会場に来られた12社の各企業担当者、協力団体である近畿経済産業局、京都商工会議所、本学経済学部 大西 辰彦教授から、調査を通して感じた点や苦労した点などの質問があり、いずれも学生の努力を高く評価された。


インタビュー調査・インターンシップ先は以下のとおり

オムロン パーソネル株式会社
株式会社 学生情報センター
有限会社 共同設計企画
シナジーマーケティング株式会社
小川珈琲株式会社
株式会社 きちり
株式会社 マツヤスーパー
株式会社 ロマンライフ
株式会社 最上インクス
株式会社 ナベル
株式会社 西村製作所
株式会社 福井製作所
株式会社 オンリー
株式会社 ケービデバイス
都タクシー株式会社
株式会社 リバティ

(※順不同)
学生ならではの視点で企業の魅力を発表
PAGE TOP