ロンドン2012パラリンピック 柔道 北薗 新光選手 学長報告

2012.09.19

TAG:

トピックス
 イギリス・ロンドンで開催されたロンドン2012パラリンピック競技大会、柔道男子の部100kg級に日本代表として出場した北薗 新光選手(文化学部・3年次)が報告のため、藤岡 一郎学長を訪問した。

 北薗選手は肘のけがを押してのパラリンピック出場だったが、初戦を突破。2回戦で敗れ、敗者復活戦に出場したが惜しくも敗れた。

 藤岡学長は健闘をたたえ、「試合は一瞬で決まる。今回の経験で精神的なものも学べたと思う。これからの人生、たとえ柔道の道を選ばなくても進路を十分に検討してがんばって欲しい。」と熱いエールを送った。

 北薗選手は「やりたいことがたくさんある。自分のやりたいことを見つけてがんばりたい。」と力強く述べた。
五輪のマスコットを藤岡学長に手渡した北薗選手
ロンドンパラリンピックの様子を報告
PAGE TOP