神山天文台 金星の太陽面通過観察会

2012.06.06

TAG:

トピックス
 6月6日に神山天文台玄関前にて専門員の解説を交えた、学内教職員および学生対象の「金星の太陽面通過観察会」が開催された。金星が太陽の前を横切る様子を一目見ようと、多くの学生や教職員が列を作って太陽望遠鏡を覗き込んだ。

 金星は、午前7時11分ごろから午後1時48分ごろまでおよそ6時間半かけて太陽の手前を通過する。太陽、金星、地球が一直線に並んだときに起こる、珍しい金星の太陽面通過は次回105年後の2117年12月まで見られない。

 天候にも恵まれ、太陽の縁から立ち昇る赤い炎のように見えるプロミネンスや黒点も見られ、絶好の観察日和となった。黒いホクロのような小さな金星が太陽面を通過していくという、世紀の天文現象を日食メガネで観察をしたり、投影板に写し出された太陽をカメラ付き携帯で撮影するなど、約200人の参加者は思い思いに観察会を楽しんだ。
大盛況の観察会の様子
太陽の表面を通過する金星をパネルで詳しく解説
黒いホクロのように見える小さな金星
PAGE TOP