サギタリウスチャレンジ(チャレンジ部門)最終報告会 実施

2012.02.17

TAG:

トピックス
 2月16日、図書館ホールにおいて、サギタリウスチャレンジ(チャレンジ部門)に採択された3団体がこれまでの活動内容や成果について報告を行った。

 夢にあふれるユニークな挑戦に対し、奨励金を授与しその実現をサポートするサギタリウスチャレンジのチャレンジ部門は、2011年度、3団体が採択され、2011年6月からそれぞれが活動を行ってきた。
 本日の最終報告会では、各チームが成果や見つかった課題などについて報告した。協力して取り組むことの大切さを学んだという意見や、今年の活動をぜひ今後も継続したいという意欲を表明するチームもあり、それぞれが自身の成長について実感を語った。
 
 報告会の最後には、学長からの総評があり「何かにぶつかった時、どのような方法をもってすればよいかということを模索し気付き、工夫してやってみることが先に進むきっかけとなる。ここで留まることなく、出発点という思いを持ってこれからも実践・チャレンジし続けていってほしい」とメッセージを送った。
これまでの活動内容を報告する採択チームの学生ら
採択された3チームが報告を行った
「知識は持っているだけではなく実践・分析することが大事」と語る藤岡学長
PAGE TOP