「スタートアップ・インターンシップ」全体発表会

2012.01.11

TAG:

トピックス
 1月11日、本学5号館50407教室において、1・2年次生を対象とした共通教育科目「スタートアップ・インターンシップ」の全体発表会が開催された。受講生と企業及び協力団体担当者が参加し、京都・大阪の中堅・中小企業14社の魅力を学生がインタビュー調査しまとめた「魅力発信レポート」を成果として発表した。

 この科目は、「産業」と「大学の学び」のつながりを体感し、キャリア形成意欲の向上を図ることを目的としている。学生自らが調査・レポートした京都・大阪で活躍する中堅・中小企業での見学型のインターンシップを通じて、働く現場の理解を深め、仕事のやりがいや働きがいに触れ、就業観を醸成する。1・2年次の受講生は、14チームに分かれて、インタビュー調査をした企業の魅力を発表した。発表会には、各企業担当者と協力団体として近畿経済産業局、京都商工会議所の方も参加。学生らの発表に耳を傾け、活発な質問や学生ならではの企業特徴のとらえ方を評価する感想を述べた。なお、「魅力発信レポート」は産官学連携の取り組みを通して働き方や「新しい発見」のきっかけの場づくりを目指す経済産業省主催のプロジェクト「Dream Work Project」の対象として、同省Webサイトに掲載予定。

インタビュー調査・インターンシップ先は以下のとおり
生田産機工業株式会社
株式会社インテリジェンスオフィス
小川珈琲株式会社
株式会社オンリー
株式会社学生情報センター
鐘通株式会社
株式会社きちり
株式会社ケービデバイス
株式会社最上インクス
東邦レオ株式会社
株式会社西村製作所
日本サード・パーティ株式会社
株式会社表現
株式会社リバティ
(※順不同)
自らが考える「企業の『働く場』としての魅力」を発表する学生
PAGE TOP