第1回キャリア形成支援ガイダンス

2011.11.16

TAG:

トピックス
 11月16日、5号館5303教室において、キャリア教育研究開発センター主催「第1回キャリア形成支援ガイダンス」が開催された。「社会で求められる力とは何か」について本学OB・OGのトークショーやキャリア形成支援教育科目「O/OCF-PBL」の代表者の発表などを通して本学学生に知ってもらうことを目的として行われた。

 トークショーでは、異なる職種の本学OB・OGの4人を迎え「社会で求められる力とは」をテーマに語られた。また、「セミナーやガイダンスには腰が重くなってしまうが、都合のつく限り参加してほしい。機会が多ければ多いほど、後で取捨選択できる」など就職活動時のアドバイスを行った。

 その後、11月24日に開催される「社会人基礎力育成グランプリ2012近畿地区予選大会」に出場する、キャリア形成支援教育科目「O/OCF-PBL」の学生代表2チームが企業現場から提供された課題に対して「どのような活動に取り組み、どのように成長したか」についてプレゼンテーションを行った。審査員の本学OB・OGはプレゼンの内容面、発表面でのアドバイスをするとともに激励した。
 
 最後に、キャリア教育研究開発センター運営委員の松高先生(経営学部)から、本学で展開する就業力育成支援事業の紹介と、就職を控えた3年生に対しては、主体的な姿勢の大切さを呼びかけられた。
トークショーに真剣に耳を傾ける学生たち
土佐ひかりCDMチームの発表
PAGE TOP