異文化交流プログラム 中国コース

2011.06.04

TAG:

トピックス
 5月21日、6月4日の2日間、異文化交流プログラム 中国コースが開講された。

 本プログラムは、本学の留学生と一般からの受講生が交流することを目的として開講しているもので、留学生が自国の文化・習慣等の身近な話題をテーマに講義し、受講生との意見交換や質疑応答を行う。

 今回は、本学大学院マネジメント研究科の張 静(チョウ セイ)さんが講師となり、中国を紹介した。

 質疑応答の時間には、受講生からたくさんの質問や意見が寄せられ、中国のライフスタイルから経済成長に至る話題まで、活発な意見がかわされた。
講義終了後のアンケートには、「隣国の文化ではあるが、知らないことがたくさんあり勉強になった。」「中国の珍しいお茶を知ることができて良かった。」との声が寄せられた。

【各回のテーマ】
第1回「中国の経済発展に伴う問題」
第2回「中国のお茶、日本のお茶」
熱心に聴講する受講生
中国のお茶を紹介する講師の張さん
PAGE TOP