「輝く学生応援プロジェクト」助成団体に採択

2011.01.06

TAG:

トピックス
 本学のコーオプ教育プログラム「オン/オフ・キャンパスフュージョン(略称:O/OCFオーシフ)」を受講する学生で作られたプロジェクトチーム「ECOCF(エコシフ)」が「平成22年度輝く学生応援プロジェクト助成事業」の助成団体に見事採択された。このプロジェクトは学生が行う京都のまちの活性化につながる活動を総合的にサポートすることを目的に、学生団体を支援するための助成事業として2010年8月に創設された。

 「ECOCF」のプロジェクトは「留学生向け生活ガイドブックプロジェクト」で、留学生が京都の魅力を知り、日本の学生との交流を深め、京都で快適な生活ができるよう、アンケートをもとに、留学生が求める生活、異文化交流、飲食店、文化、観光、交通情報など暮らしをサポートするガイドブックを作成するというもの。通常の観光を目的とするものとは違い、京都で暮らす留学生の生活に密着した「生活ガイドブック」である点が評価された。助成団体に採択されたことを受けて「ECOCF」の代表、高石 陽介さん(経済・3年次)は「自分たちのやってきたことが京都市に貢献できる内容だと感じてもらえて嬉しい」と語った。ガイドブックは2月上旬に完成予定。新学期が始まるまでに、主に京都の留学生の多い大学で配布を希望している。

■ECOCF(エコシフ)のメンバー
 尾本 直弥さん(経済・3年次)
 高石 陽介さん(経済・3年次)
 岡田 さやかさん(経営・3年次)
 小西 理恵さん(法・3年次)
 山西 麻衣さん(法・3年次)
 大久保 千裕さん(外・3年次)
 小川 直岐帆さん(外・3年次)
プロジェクトについて話し合うECOCFのメンバー
PAGE TOP