大阪府立大学と教育研究連携に関する協定を締結

2010.01.27

TAG:

トピックス
京都産業大学は、大阪府立大学と教育・研究の充実、発展を図るため、教育研究連携に関する協定を締結、1月27日(水)、京都産業大学10号館10507会議室において調印式が行われた。

2010年4月に総合生命科学部を設置する京都産業大学と、獣医学科をもつ大阪府立大学が、教育および研究の連携や学生の交流に重点を置いた学術交流協定を締結した。京都産業大学が重視する実験動物学や畜産学分野の教育・研究、大阪府立大学で実施されている質の高い都市型獣医学教育・研究を提供し合うことで、お互いにより高度な教育・研究の実施めざす。
密接な関係にある動物生命医科学分野と獣医学分野だが、学術交流協定を結んで、教育および研究に組織的に協力する事例は斬新で、大きな意義を持つ。

調印式では、坂井東洋男学長と、大阪府立大学の奥野武俊学長がそれぞれ協定書にサイン。坂井学長は「お互いの足らざる面を補っていきたい」、奥野大阪府立大学学長は、「大阪府立大学にとって獣医学はルーツでもあり、顔となる分野。この協定を基礎に関西エリアにおける獣医学のより充実した拠点となっていけたら」と互いに抱負を述べた。
協定書を手に握手する奥野大阪府立大学長(右)と坂井学長(左)
PAGE TOP