インドネシア語専修生有志が募金活動

2009.10.15

TAG:

トピックス
 9月30日にインドネシア・スマトラ島沖で発生した大地震は大きな被害をもたらした。本学外国語学部言語学科・インドネシア語専修の学生有志(1〜4年次)が、現地の被災した学生を支援するため学内で募金活動を10月16日(金)まで行っている。

 募金活動を行っている西村洋威さん(4年次生)は「まだ、連絡が取れていないが、集まった募金は現地の大学まで、直接届けたい」と話している。学生たちは「インドネシア・スマトラ島沖大地震の救援募金にご協力お願いします」と思いを込め大きな声で、学生や教職員に協力を呼びかけている。

 なお、募金活動は、10月6日(火)〜16日(金)までの間、毎日10〜15人体制で実施、三叉路・1号館近辺・8号館前・12号館前近辺で、1時限開始前と昼休みに行っている。
募金活動の様子
PAGE TOP