就職ガイダンスで“応援団長”の学長がエール

2009.01.09

TAG:

トピックス
1月8日・9日、神山ホールで、就職活動を行う3年次生および大学院生を対象とした就職ガイダンスが開催され、2日間で1500人の学生が参加した。

第5回を迎える今回のガイダンスでは、採用環境の説明、企業人事担当から見た本学卒業生評(強み)を紹介し、今から行動すべきこと、それに対する進路センターのサポート内容の説明などが行われた。また、坂井学長から、「ピンチのときにこそ人間の真価が問われる。弱っていると逃げたくなるが、そういうときこそ元気を出していくべき。常に京都産業大学の学生であることに誇りをもってこれからの就職活動に向かっていってください。」とエールが送られた。
就職活動を行う学生に向かってエールを送る坂井学長。
進路センターのサポート体制についても説明された。
PAGE TOP