洛北中学校の生徒が就業体験

2009.01.15

TAG:

トピックス
 1月8日から1月15日までの5日間、京都市教育委員会が推進する「生き方探求・チャレンジ体験」の一環として、京都市立洛北中学校の2年生2名が本学の進路センターにて就業体験を行った。

 パソコンを使用しての就職情報検索、求人票のファイリング・掲示など、大学生の就職をサポートする幅広い業務を体験した。

 最終日には、5日間を振り返り「求人票のファイリング作業をして、色々な会社や企業があることがわかった。大学生のサポートが自分の将来にもつながる貴重な体験になった」と充実した表情で感想を述べた。
パソコンを使って就職情報を調べる様子
PAGE TOP