仕事について考えよう 〜中学生の職場体験学習(学生部)〜 

2006.01.12

TAG:

トピックス
 1月11日から1月17日まで京都市立洛北中学校の2年生6人が京都産業大学で就業体験を行っている。
 就業体験とは、中学生が実際に働いて仕事の大切さや難しさなどを知り生き方について考えるための体験である。
 学生部で就業体験をしている出口捷馬君と兵庫隆樹君は資料等への押印や新聞記事の切りとり、資料作成などの仕事をしている。
 この仕事について兵庫君は「学生の人を支えている仕事だと思った。」と話し、出口君は「働いてみて驚いたことは、周りの人がとても真剣だったこと。また、周りの人が優しくて仕事がやりやすかった。」と語った。
 残りの体験期間を2人は「失敗をしないように頑張ってやっていきたい。」とやる気を見せた。

(文責:京都市立洛北中学校 奥野)
やる気を見せている兵庫君と出口君
PAGE TOP