2021年度入学試験(特色入試)の選考方法について(10月2日更新)

2020.10.02
2021年度入学試験(特色入試)は、新型コロナウイルス感染症への対策を講じたうえで、入学試験要項に記載する選考方法で実施すべく、現在準備を進めているところです。

今般、受験をお考えの皆さまにお伝えするのは、AO型入試や帰国生徒入試等、主に年内に実施を予定している特色入試について、以下のとおり今後の予定等をお知らせするものです。
万が一、新型コロナウイルス感染症が今後、急速に感染拡大し、全国的に緊急事態宣言が発せられる状況等となった場合、受験生のみなさんや入学試験に携わる教職員の安全を最優先し、選考方法を変更せざるを得ないことがあります。出願をご検討いただいている方は、以下の内容をご確認、ご理解いただいたうえで出願準備を進めていただきますようお願いします。

  1. 代替の選考方法での実施判断時期
  2. 次の入学試験制度について、代替の選考方法での判断は、各試験日の2週間前を目処に決定して、本学入試情報サイトでお知らせします。
    代替の選考方法で実施する場合は、その詳細を本学入試情報サイトに掲載し、出願者には、出願時に登録されたメールアドレスにお知らせします。
    入学試験制度名 判断時期
    AO型入試(AO入試、マネジメント力選抜入試、次世代型リーダー選抜入試) <1次選考> 通常の選考方法で実施
    (9/14発表済み)
    <2次選考> 通常の選考方法で実施(10/2発表済み)
     
    社会人入試
    帰国生徒入試
    編・転入試
    外国人留学生入試 [前期]
    [後期] 12月25日(金)頃
    専門学科等対象公募推薦入試 11月13日(金)頃
    専願制入試(指定校推薦入試等)
     
  3. 代替の選考方法
  4. 代替の選考方法では、通常の選考内容(面接、プレゼンテーション、小論文など)を以下の方法にて実施することを予定しています。
    ①通常の実施方法が、面接、プレゼンテーションなどの場合
    ・ Zoom(インターネットによるビデオ通話システム)を利用した実施
    ②通常の実施方法が、筆記試験、小論文などの場合
    ・事前に解答用紙を受験生に郵送し、試験当日にZoomで課題を提示する方法で実施、または郵送による事前課題
    ※Zoomを利用した実施の場合、各自でパソコン、マイク・スピーカー、カメラ、インターネット通信環境を用意いただく必要があります。
以上
PageTop