組織・実施体制

ご挨拶

大学は学生・教員・職員が集い、その知を社会に還元していくことが求められます。そこには性別や人種、思考や知の違いなどの多様性が存在しています。この多様性を認め合い、活躍の場を創り出すことが必要です。
ダイバーシティ推進委員会は、これまでの女性研究者支援の取組を継続するとともに、さらなる男女共同参画を推進していきます。
京都産業大学 副学長 大西 辰彦
今、世界中の企業が「ダイバーシティ(多様化)」を戦略化し始めています。なぜ、ダイバーシティなのでしょう。組織の活性化のためには「多様性」がきわめて重要だということが明らかになったからです。大学も同様です。
ダイバーシティ(まずは男女共同参画がスタートラインです)によって、教育/研究の活力を生み出す必要があるのです。
ダイバーシティ推進室長 伊藤 公雄

組織・実施体制

ダイバーシティ推進委員会 委員

委員長 大西 辰彦 理事・副学長
委員 伊藤 公雄 ダイバーシティ推進室長、現代社会学部 教授
  関田 静香 経済学部 准教授
  井村 直恵 経営学部 准教授
  高畠 淳子 法学部 教授
  ポンサピタックサンティ ピヤ 現代社会学部 教授
  杉村 涼子 外国語学部 教授
  中 良子 文化学部 教授
  山縣 淳子 理学部 准教授
  河合 由起子 情報理工学部 教授
  瀬尾 美鈴 総合生命科学部 教授
  吉門 敬二 総務部長
  岡本 浩志 学長室長
  小林 慎一 教学センター 事務部長
  足達 栄樹 研究機構 事務部長

これまでの組織・実施体制

PAGE TOP