平成27年度 学部授業・カリキュラム改善に向けた
「中間報告」 英語教育科目

1.「学習成果実感調査」についての分析結果

春学期は、3年次の基礎英語と2年次の上級英語にて実感調査を実施した。(この2レベルの学生にとってこれらが必修英語最後のクラスとなる。)基礎英語よりも上級英語の方が全体的に高い評価であったが、それでも「満足度」に関しては基礎も上級も80%以上が「非常に満足・満足」と回答している。「目標を持って受講できたか」という問いには、やはり上級TOEICが点数という明確な目標があるため、最も高い85%であった(基礎は60%強、上級ディスカッションは70%強)。TOEIC以外のクラスにおいても、目標を学生に明確に提示する必要があるようだ。また昨年度の実感調査ではあいまいだった課外学習時間については、全学共通の「準備学習時間」に関する問いへの回答を見ると、基礎は全学平均レベルであり、上級は全学平均を上回る結果であった。また、課外学習に求められる量に関しては97~99%が「多い・ちょうどよい」と回答。「ちょうどよい」と回答している学生が多いところを見ると、まだ余裕があると受け取ることもでき、この点は来年度に向けて検討する。
PAGE TOP